大阪大学外国語学部・大阪外国語大学同窓会

咲耶会

SAKUYAKAI
 OSAKA University, School of Foreign Studies
 OSAKA University of Foreign Studies

ホーム 本部より 支部より 委員会より 語科同窓会より 教職員より 学生の皆様へ 会報『咲耶』 外語マガジン

教職員より


投稿日時: 2017-03-13

5

昨年(2016年)9月発行の会報『咲耶』・18ページに、2016年に着任された先生方の「着任のメッセージ」を掲載いたしました。
そのうち、中国語特任準教授の丌 華(キ カ)先生のメッセージにつきましては、大変
丁寧な長文を頂戴いたしましたが、誌面の都合上、すべてを掲載することができませんでした。

そこで、誌面には「詳細なメッセージは咲耶会ホームページに掲載します」と書きながら、事務局の怠慢により、現在(2017年3月13日)まで掲載できておりませんでした。
丌先生ならびに、同窓生の皆様に深くお詫び申し上げます。

ここに改めて、中国語専攻・青野繁治教授に翻訳していただいた、丌先生のメッセージ・フルバージョンを掲載いたしますので、ぜひご覧ください

----------------------------------------------------------------------------

私と大阪大学――縁あれば千里でも会いにくる

 

 

大阪大学言語文化研究科言語社会専攻特任准教授 

 

 

 

2016331日、世界に名の知られる風景画のような大阪大学に1年間中国語を教えるために赴任しました。
 古川裕教授が自ら車で空港に出迎えられ、箕面市役所で入国居住手続きを済ませた後、大きな桜の木の下に隠れた待兼山会館
203号室に宿泊しました。
 翌朝二階の窓から外を見ると、満開の桜が目に入り、山はかすみ、草花は咲き乱れ、霧雨にぬれています。小道に沿って西に行くと、路肩に巨大な木があり、複雑にからみあった根が地面に露わになっていました。まるで原始林に踏み込んだようです。東北に向きをかえ、階段を下りていくと、大きな湖面が目に入ります。微風にさざ波がたち、周囲は静まりかえって、まるで仙境に身をおいたかのようです。大阪大学には豊中、吹田、箕面の三つのキャンパスがありますが、豊中が最も広く、美しく、静寂があります。

 


 「縁あれば、千里でも会いに来る」という言葉があります。大阪大学の中国語教育は、世界の中国語教育のなかでも独自の流派を築きあげ、内外に名声を馳せています。私が最初に大阪大学の中国語の有名な先生たちを知ったのは、
2002年アジア大学で中国語を教えていたときに読んだ大河内康教授編『日本と中国照研究文集』(上下,京,1992)です。日本人の学者の中国に対する独特の視角と比較の方法は、中国語研究における独特の創見であり、深い印象を残しました。その後何度も国際中国語研究シンポジウムにおいて、杉村教授や古川教授の研究発表を聞きましたが、両教授とも素晴らしい中国語で、和やかに談笑しましたが、風格には違いがあって、かたや細心で謹厳、かたやユーモアにあふれ、しかしともに謙譲の態度と礼儀正しさで、他の参会者の絶賛を受けました。二人の実践が大阪大学の中国語教育の成果を証明しており、日本人中国語学習者の模範とすべき典型例に違いありません。


 2012
年に私は大阪大学の北京師範大学中国語研修プログラムにおいて、中国側の責任者を担当し、二つのクラスの中国語作文授業を担当しました。夏季クラスでは杉村教授が直々に学生を率い、学生が無事に三週間の語学研修を終えられるように駆け回って、直々に二年次の学生たちが北京の様々な面を理解できるように指導され、また父親のように病気の学生の面倒をみていました。このことは私に杉村教授のもう一つの面を教えてくれました。先生は中国語文法を専心研究する学者であるだけでなく、優しく尊敬できる先生なのでした。

チャンスは準備の整った人に残されている、あるいは、準備を整えた人はチャンスをつかむものと言えるかも知れません。北京師範大学から全部で五人の教員を大阪大学に派遣しています。盛双霞、盧華岩、劉蘭民、周威兵先生、そして2015年には私が申請を出す順番となりました。今回は1年という短い期間ですが、私はしっかりとこのチャンスをつかんだのです。大阪大学の中国語教育は70年あまりの輝きを経て、井上翠、金子二郎、伊地智善継、是永駿、杉村博文、古川裕という名師を輩出しました。多くの世代にわたって灯火を絶やすことなく、多くの優秀な中国語の人材を育ててきたのです。その中国語教育の特色とそれによって得た成果とは、世界の中国語教育史上重要な価値と意義を有し、外国における中国語教育の最も有力な一翼を担っています。我々中国人が研究し学ぶ価値のあるものです。

大阪大学の中国語教育はひとつの豊かな宝庫です。私はこの一年を利用して、三つのことをしたいと思っています。1.調査研究を基礎とし、私の担当する外国語学部4学年の中国語教育をきちんと行い、初級会話、中級作文、高級「中国事情」などの授業の調査レポートを作成します。2.毎日、「日本教学日記」と「大阪見聞ノート」を執筆します。3.著作『日本の大学における漢語教育の研究』を完成させ、『日本の大学における漢語教育史』の執筆に着手します。

5年後、箕面キャンパスが新キャンパスに移転したのち、また大阪大学外国語学部中国語専攻に来ることができることを期待します。「海内に知己存すれば、天涯も比隣のごとし」、縁が深かろうと浅かろうと、縁あるかぎり、最後には必ず会えるのです、早い晩いは重要ではありません。


投稿日時: 2012-08-27

  811日、中国語専攻2年生27名が、「2012年度大阪大学/北京師範大学中国語表現能力養成プログラム」(8/5‐8/25)の一環として咲耶会北京支部を訪問し、北京で活躍する先輩との交流会をもった。








中嶋支部長を囲んで





交流会はお盆の帰国時にも関わらず、中嶋清治支部長(1973年卒、中国語)を始め、卒業生15人の参加を得て、日本料理炉端「信」で行われた。














席上、先輩諸氏から「研修中は大学内に閉じこもらずなるべく町中に出て北京の人々と接してほしい」といった具体的なアドバイスや、将来海外に出て飛躍するためにはどのような学生生活を送るべきかといった期待が語られた。後輩たちも北京で活躍する先輩たちの姿を間近に見、様々な体験を直接聞くことによって、現在の自分と将来の自分の繋がりを実感できた。







研修中に誕生日を迎える後輩から先輩への挨拶





また、この日の午前中、学生たちは首都師範大学、北方工業大学、北京科学技術大学で日本語を学ぶ中国の大学生と交流会をもち、お互いの学生生活について語り合った。中国の学生たちはいずれも大阪大学大学院に留学経験をもつ教員の教え子である。

 









中国の大学生との交流会















なお、大阪大学/北京師範大学中国語表現能力養成プログラムは平成23年度JASSO(独立行政法人日本学生支援機構)留学生交流支援制度(短期訪問)プログラムに採択され、JASSOおよび大阪大学から助成金80,000/1名を受けて実施された。

杉村博文@外国語学部(中国語)

 


投稿日時: 2012-08-27

 823日、中国語専攻2年生27名が「2012年度大阪大学/北京師範大学中国語表現能力養成プログラム」(8/5‐8/25)の一環として、丸紅株式会社北京オフィスを訪問し、北京における企業訪問という貴重な体験を積むことができた。


この訪問は、稲積和典氏(旧大阪外国語大学中国語学科 平成4年卒、中国総代表助理)のご尽力により実現したもので、中国総代表助理・人事総務部長の小坂田直尚氏にもご同席いただき、学生からの質問にお答えいただいた。










稲積和典氏




訪問では、先ず稲積氏から丸紅株式会社および同社の中国での事業の展開について紹介があり、その後、質疑に移った。















 学生たちからは「北京オフィスの公用語はなにか」、「社員の海外研修制度はどのようになっているか」、「女子社員の海外派遣の現状はどうか」、「現地採用の現状はどうか」、「日本人と中国人のものの考え方の違いに戸惑うことはないか」、「伸びる社員と伸びない社員の違いはどこにあるか」など様々な質問が出された。

 


























 最後に、稲積氏から「二年生ですので、まだ就職のことは先のことだという意識だと思いますが(自分はそうでした)、商社とはどんなことをやっているか、海外で働く・暮らすということはどんなことか、将来自分は何をやりたいか等々考えるきっかけになれば十分だと思います」と、今回の訪問の意義をまとめていただいた。


なお、大阪大学/北京師範大学中国語表現能力養成プログラムは平成24年度JASSO(独立行政法人日本学生支援機構)留学生交流支援制度(短期訪問)プログラムに採択され、JASSOおよび大阪大学から助成金80,000/1名を受けて実施された。

杉村博文@外国語学部中国語)


投稿日時: 2012-06-01

 

 「漢語橋」世界大学生中国語コンテスト(第十一届“汉语桥”世界大学生中文比赛)西日本予選が5月27日(日)、大阪産業大学孔子学院(同大学梅田サテライトキャンパス)で開かれ、
中国語専攻三年生の石川里菜さんが見事1等賞(全2名)に輝き、田中悠貴さん(四年生)も二等賞を獲得しました。







1等賞の石川里菜さん




2等賞の田中悠貴さん


このコンテストは以下のような知識と実技の披露を通して、中国語学習者の「中国力」を競う大会です。
一、中国語によるスピーチ(3分)
二、中国の言語、歴史文化、国情に関する質疑応答(使用言語:中国語、2分程度)
三、中国の伝統文化、演芸の実演(3分)
例)書道、水墨画、中国歌曲、中国舞踊、中国武術等

石川さんは、来たる7月に中国湖南省長沙市で行われる同コンテスト本大会に推薦され、中国語を学ぶ世界中の若者たちと交流の輪を広げる予定です。


投稿日時: 2012-02-27

大阪大学/北京師範大学中国語表現能力養成プログラムが、昨年に引き続き、文部科学省平成24年度留学生支援制度(ショートビジットプログラム)に採択されました。
北京大学
プログラム参加者には、独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)から、1人8万円の補助金が支給されます。
 

プログラム実施期間は、本年8月4日から25日までの3週間です。
 

このプログラムは、中国語専攻が学術交流協定校である北京師範大学の協力を得て実施するもので、3学期間の中国語学習を終えた中国語専攻の2年生と、日本語専攻で中国語コースを履修している2年生を対象とする中国語表現能力養成プログラムです。
 

北京師範大学での研修以外に、学習動機づけの強化と卒業後の進路に対するイメージの明確化を図るため、咲耶会北京支部や企業訪問を実施し、卒業生との交流を予定しています。

外国語学部教授・中国語専攻 杉村博文


投稿日時: 2011-12-19

 
中国語専攻2年生23名が、今夏実施した「2011年度北京師範大学中国語表現能力養成プログラム」(8/6‐8/26)の一環として咲耶会北京支部を訪問し、北京で活躍する先輩との交流会をもった。
交流会は、8月13日というお盆の帰国時期にもかかわらず、中嶋清治支部長(中国語S48卒)を始め多くの卒業生の参加を得て行われた。
中嶋支部長あいさつ学生挨拶1
   中嶋支部長                 学生の挨拶1

     後輩挨拶2
 後輩挨拶3
      学生の挨拶2                                               学生の挨拶3

後輩挨拶4後輩挨拶5
      学生の挨拶4                                                 学生の挨拶5


    後輩の挨拶を聞く先輩1   
後輩のあいさつを聞く先輩
                  後輩の挨拶を聞く先輩たち

     
先輩後輩歓談







異国で活躍する先輩たちの姿は後輩たちに深い感銘を残し、同時に「卒業後の自分」の具体的イメージを画かせた。 pdf (参加者のレポートが読めます)

 研修後半の8月23日には、谷口悦一(中国語S56卒)、稲積和典(中国語H4卒)両氏のご好意により、丸紅北京の企業訪問が実現し、北京における企業訪問という貴重な体験を積むことができたばかりか、四川料理までご馳走になった。

丸紅北京訪問1丸紅北京訪問2

     丸紅北京訪問3
丸紅北京訪問4


なお、このプログラムはH23年度文部科学省留学生交流支援制度(ショートビジット)プログラムに採択され、補助金80,000円/1人を受けた。
 
言語文化研究科/外国語学部教授 杉村博文
 


投稿日時: 2011-03-15

咲耶会名誉会長
大阪大学外国語学部
学部長 杉本 孝司
 
 統合から3年目を迎え、大阪大学事情を「頭」ではなく「体」で理解できていると感じることも徐々には増えてきたように思います。とはいえ現在も旧課程と新課程が並行して存在し、その両方の教育課程の保証には更に知恵を絞っていかねばならないことが多々あることも事実です。
年に一度のご挨拶ですので、この機会に日頃箕面の変化に親しんでおられない卒業生の皆さまにはこの一年間で「様変わりした部分」を数多くご報告できればいいのですが、なかなかそれもかないません。
ごく簡潔かつ大まかにではございますが、以下のことを先ずご報告させていただきます。
 
 昨年夏より開始されたA棟北棟の耐震工事がこの春に完了しました。この耐震工事に伴い各部局所属教員の研究室配置変更が更に進み、現在は世界言語研究センター所属教員はB棟に、言語社会専攻所属教員はE棟に移りました。
これまでの研究室はA棟からはなくなり、その他の部局所属で外国語学部の授業を担当する教員が利用する「学生指導室」が5階以上に設けられ、また最上階は人間科学研究科のフロアにもなっています。
卒業生の皆さまにとっては各棟は「以前とは似て非なるもの」と映ることでしょう。またバリアフリー化の工事も多くの個所に施されました。

外国語学部の教育は今はA棟を中心に行っています。更に、この夏からの豊中での工事の関係で外国語学部豊中教務分室やこれまで授業を行っていたイ号館内教室は使用できなくなり、その多くは実践センターC棟を中心に振り替えることが決まっています。
 
 来年度に新課程学生が初めて4学年揃うにあたり、これを一つの区切りとして平成24年度以降を見据えて、総合大学の一学部としての外国語学部が提供すべき教育課程や教育内容の検討作業もすでに始めております。大学院を含めた組織のあり方の検討にも着手しております。
大学や社会が外国語学部に期待することにも耳を傾け、同時に外国語学部の揺るぎないコアに立脚した外国語学部からの大学や社会に向けての提言や主張が十分に理解され反映される方向性を見い出したいと考えております。
 
 1921年の大阪外國語学校開学以来、来年で90周年、この年は大阪大学80周年にもあたります。新課程完了年度と創立90周年が重なるのも何かの因縁かもしれません。この年を節目の年と捉え、学部として更に大きく飛躍するための努力を惜しまない所存でございます。

卒業生の皆さまからも忌憚のないご意見を頂戴できますよう心からお願い申し上げます。
会報「咲耶」21号より
 


投稿日時: 2011-03-07

変革の世界に雄々しくはばたけ!
 
人類の歴史が21世紀という新世紀に足を踏み出して以来、早くも10年と少しが経過しました。奇しくも、大阪大学外国語学部で外国語学ぶことを選択した諸君はまだ若く、世界史の変動を実感することは難しいかも知れません。
 
しかし、10年単位で世界の流れを振り返れば、中東諸国に沸き起こる「普通の市民」感覚による社会変革の欲求の嵐は、人類史における新しい変革の時代の到来を私たちが目撃していることを示しています。これは、世界史が教える従来的な「暴力による革命」ではない、新しい形での地殻変動です。
 
さらに、世界経済牽引車としての中国やインドの台頭、地球環境の保全と調和する新しい世界秩序の構築、EUを中心とする地域共同体の進展、米国の裏庭の筈だった中南米諸国の台頭と国際社会での発言力の増大などは、私の学生時代には想像だにしなかった事態ばかりです。
 
たしかに、学生諸君をとりまく日本の現状には閉塞感が漂っています。しかし、大阪大学外国語学部の人間は、教員も学生も、この現状にとらわれることなく、各自が選んだ専攻語という、世界にはばたく「翼」を持っています。言葉の運用能力はそれぞれ人により違いはあるでしょう。でも「世界の中の日本、世界の中の自分」という発想をもつことができる点は、外国語学部の人間に共通する資質なのです。専攻語は頑張って勉強しなければなりません。しかし、私が外国語学部の学生諸君全員に申したいのは、こうした世界をめざし世界に飛び込むという、大きな気概を持ち大切に養ってほしいという点です。
 
変動する世界の中の日本で、日本人としての諸君も多くの試練に今後めぐり会うことでしょう。よく言われるような「変動の時代こそチャンス」ととらえることができるのは、ひとえに大きな意気込みを持ってこそのことです。厳しい専攻語の学習や鍛錬を頑張り通すことができるのも、こうした気迫、気宇壮大な精神力、強靭な好奇心があってこそです。
 
外国語学部の先輩諸兄姉も、そのような大志を抱きながら勉学に励んできました。後輩の学部生諸君も先輩の例にならい、世界に雄々しくはばたくことを目指し、勉学に励んでください。





ログイン
【登録済みの方】
ユーザ名:

パスワード:


・パスワードを忘れた方

【会員登録がお済みでない方】
新規登録
サイト内検索
会報 『 咲耶 』
外語マガジン sakuya
広告