大阪大学外国語学部・大阪外国語大学同窓会

咲耶会

SAKUYAKAI
 OSAKA University, School of Foreign Studies
 OSAKA University of Foreign Studies

ホーム 本部より 支部より 委員会より 語科同窓会より 教職員より 学生の皆様へ 会報『咲耶』 外語マガジン
同窓生の著作紹介 : 渡邉克昭氏著「楽園に死す」 が、日本アメリカ文学会賞を受賞!
投稿日時: 2017-11-19

大阪大学出版会より昨年出版された渡邉克昭さん(大E29/英語科・1981年卒/現・阪大言語文化研究科 教授)の著書『楽園に死す—アメリカ的想像力と〈死〉のアポリア』が、このたび第2回日本アメリカ文学会賞を受賞されました。(2017.10.14)



概要
自由と幸福を追求する「楽園」アメリカにおいて、小説家たちは〈死〉のアポリアにどのように向き合ってきたのか。現代アメリカ文学を代表するへミングウェイ、ベロー、バース、パワーズ、エリクソン、デリーロに焦点を絞り、デリダやドゥルーズを援用しつつ、「郵便空間」としてのアメリカを分析する。ポストモダン・アメリカ文学と最後のフロンティア〈死〉が織りなすエクリチュールの饗宴。
 
渡邉克昭著『楽園に死す—アメリカ的想像力と〈死〉のアポリア』大阪大学出版会 (2016.1.29、A5版、546ページ、定価7100円+税 ISBN978-4-87259-509-3 C3097)

渡邉克昭さん:大阪外国語大学英語学科卒、大阪大学文学研究科博士後期課程単位取得退学。大阪大学博士(言語文化学)。現在、大阪大学言語文化研究科ヨーロッパ・アメリカI講座教授(アメリカ文学・文化)
 

印刷用ページ このニュースを友達に送る




ログイン
【登録済みの方】
ユーザ名:

パスワード:


・パスワードを忘れた方

【会員登録がお済みでない方】
新規登録
サイト内検索
会報 『 咲耶 』
外語マガジン sakuya
広告