大阪大学外国語学部・大阪外国語大学同窓会

咲耶会

SAKUYAKAI
 OSAKA University, School of Foreign Studies
 OSAKA University of Foreign Studies

ホーム 本部より 支部より 委員会より 語科同窓会より 教職員より 学生の皆様へ 会報『咲耶』 外語マガジン お支払い
同窓生の著作紹介 : 「ベートーヴェン、その精神と創作環境」
投稿日時: 2011-10-06

大D10(ドイツ語 1962年=昭和37卒)の、藤田俊之さんの著書をご紹介します。

藤田さんは伊藤忠商事で駐在歴20年、同社を退職された後、旧・大阪外大の講師も務められた方で、現在はウィーン在住のコンサルタントとして活躍されておられます。

「若いころからベートーヴェンの音楽にとりつかれていた」と自らおっしゃるほどのベートーヴェン愛好家の藤田さんは、定年退職を機にベートーヴェン研究を開始し、今まで日本ではあまり紹介されていないベートーヴェンの実像を発見されました。

この 「ベートーヴェン、その精神と創作環境」 1200円(税込)

では、ベートーヴェンの手紙20数通(原文と邦訳)を中心に、その内容と当時の環境背景を解説し、
ベートーヴェンが生涯啓蒙主義者であったこと、また、ギリシャ文学をはじめ、シェークスピア、ゲーテ、シラー、カントなどの大いなる愛読者であったことなど、こうした彼自身の研鑽と当時の社会環境を考察することによって、ベートーヴェンの音楽の奥深さを知る内容となっています。

あまり一般受けするテーマではないため、自費出版されたとのことですが、
上記リンクのとおり、Amazonや、
東京の丸善本店、三省堂書店神保町本店、八重洲ブックセンター、紀伊国屋新宿本店、同南店、
大阪のジュンク堂各店
で購入できるそうですので、ぜひお手にとってご覧ください。

また、下記のリンクをクリックしていただければ、本書の最初の22ページが「立ち読み」できます。

「ベートーヴェン、その精神と創作環境」


なお、藤田さんは、現在もベートーヴェン・ボンハウスの資料館長にアドヴァイスを受けながら、ベートーヴェン研究を継続中とのことです。

印刷用ページ このニュースを友達に送る




ログイン
【登録済みの方】
ユーザ名:

パスワード:


・パスワードを忘れた方

【会員登録がお済みでない方】
新規登録
サイト内検索
会報 『 咲耶 』
外語マガジン sakuya
広告