大阪大学外国語学部・大阪外国語大学同窓会

咲耶会

SAKUYAKAI
 OSAKA University, School of Foreign Studies
 OSAKA University of Foreign Studies

ホーム 本部より 支部より 委員会より 語科同窓会より 教職員より 学生の皆様へ 会報『咲耶』 外語マガジン

投稿日時: 2014-11-25

3 (2014)

日亜スピーチ・コンテストのお知らせ

 

مسابقة الخطابة باللغة العربیّة واللغة الیابانیّة (الدولة الثالثة سنة 2014

  

時:20141129 () 13:00開始


所:大阪国際交流センター 2F 小ホール

     (543-0001 大阪市天王寺区上本町8丁目2-6) 
 

 第3回日亜スピーチ・コンテストを開催します。皆さんの多数の応援をお願いします。アラビア語部門は今回、本学アラビア語専攻から4名、東京外国語大学から2名の参加になりました。以下にアラビア語部門・日本語部門両部門の出場者とスピーチ・タイトルを掲載します。


13:20~13:25  ズルキー・ファイサル「私は誰?

13:25~13:30  中井愛海 (阪大2)「愛しき友」حَبِيبَتِى

13:30~13:35  アルマジュヌーニ・サッファーナ「橋の向こう」

13:35~13:40  井上沙耶加 (東外大2)「シェヘラザード姫の冒険」

13:40~13:45  アルハビーブ・アリー「忘れられないストーリー」

13:45~13:50  福島大智 (東外大2)「言葉に隠された意味」

13:50~13:55  オマル・サグル「うわさ」

 

                                     TEA BREAK

 

14:15~14:20  平山翔 (阪大3)「他者への通路」طريقٌ إلى الآخر

14:20~14:25  アシュール・アフマド「置かれた場所で咲きなさい」

14:25~14:30  神森友里 (阪大3)「かれらのおもてなし精神とは」
                                               
ما هو كَرَمُ الضِّيَافَةِ عِنْدَهم؟

14:30~14:35  アクバル・ハナー「諦めるな! 次のチャレンジに向かおう」

14:35~14:40  國友峻介 (阪大4)「最初のアラビア語の先生」أَوَّلُ مَنْ عَلَّمَنى اللغة العربيّة

14:40~14:45  フィレンバーン・アンマール「答えが見つかるまで挑戦を続けよう」


投稿日時: 2014-03-16

「高階美行先生のご退官を祝う会」報告

 
uid000035_20140316095957dc729472.jpg


uid000035_20140316095940979d2d02.jpg

 
uid000035_20140316095923364d35ac.jpg


 平成2639 () 午後1時より、大阪市北区梅田ブリーゼプラザ8階の1室を会場に、「高階美行先生のご退官を祝う会」が開催されました。高階美行先生は大阪外国語大学時代から現在まで、長くアラビア語教育に従事するとともに、大阪外国語大学時代には学長補佐を、大阪大学との統合後は外国語学部長をお務めになりました。

 当日、先生の薫陶を受けた卒業生や在学生、先生のご友人など90名を超える参加者の中に、昨年のご病気からご回復なさった元大阪外国語大学学長、池田修先生の元気なお姿までお迎えできたことは、主催者・出席者一同にとって望外の喜びでした。

 高階先生への祝辞・メッセージ、記念撮影、高階先生ご本人からのお言葉など、盛りだくさんな内容で盛会のうちに会を閉じることができたこと、発起人一同、参加者の皆様に心よりお礼申し上げます。なお、高階先生には来年度、ご定年後も引き続き非常勤講師として箕面キャンパスにご出講いただく旨、申し添えて報告とさせていただきます。ありがとうございました。

 

(文責:藤井章吾 言語文化研究科)

 

高階美行先生「最終講義」報告


uid000035_20140316162633595b1af5.jpg



uid000035_20140316162621c19aa4a7.jpg


uid000035_2014031617520154512a47.jpg


 

 平成26218 () 午後4時より、箕面キャンパスA101教室で、高階美行先生 (言語文化研究科 アジア・アフリカ講座) の最終講義が行われました。高階先生は大阪外国語大学時代から現在まで、長くアラビア語教育に従事するとともに、大阪外国語大学時代には3年間にわたって学長補佐を、大阪大学との統合後は平成23年から平成25年にかけての2年間、外国語学部長をお務めになりました。

 最終講義のテーマはアラビア語世界の広がり教育研究の可能性を求めて。以下に、配付資料の講義レジュメから、当日のお話のポイントを箇条書きします。

 

I. 日本とアラブ世界アラビア語を学び始めた頃から

II. 外国語学部教員としての義務

III. アラビア語世界への関心の広がり(現代) アラム語を別にして

IV. 宿題は多く (アラム語関係を除く)

V. 最後に

 

 A101教室をあらかた埋め尽くした在学生・卒業生の皆さんは、ある部分ではかつて自分が受けた授業のワン・シーンを思い出しながら、ある部分ではちょうど秘密が解き明かされるように、あのときの先生のお言葉はそういう意味だったのかと納得しながら、最終講義に耳を傾けたのではなないでしょうか。

 近藤久美子先生 (言語文化研究科 アジア・アフリカ講座) の司会進行で始まった最終講義は開始からたっぷり2時間、5限目終了ベルを聞いて出席者一同、我に返りました。まだ「春遠き」2月如月 (きさらぎ) は、寒くてもう1枚着る「着更着」が語源だとか。去る218日の最終講義の熱気は箕面キャンパスA101教室に集まった聴衆に、重ね着した上着の1枚を脱がせたに違いありません。

 

(文責:藤井章吾 言語文化研究科アジア・アフリカ講座)


uid000035_20140316173048b70ab3dc.jpg


投稿日時: 2013-11-30

アラビア語会第3回定例総会の報告

   去る11月23日、大阪外国語大学と大阪大学外国語学部アラビア語卒業生による同窓会「アラビア語会」の第3回定例総会が、大阪第一ホテルで開かれました。会則により、前回の平成23年から2年ぶりの開催でした。総会参加者は、アラビア語会会員36名と在学生4名でした。塩尻宏会長 (第15回 S42卒) の挨拶で開会。関西地区・関東地区活動報告、会計報告の順に総会が進み、会則については、副会長2名体制の承認に伴う一部改正が行われました。
   第3期新役員では、何よりも会長と副会長の交代をご報告しなければならないでしょう。今回、会発足時からご尽力いただいた塩尻会長と篠崎由紀子副会長 (大A17回 S44卒) が勇退され、代わって高階美行幹事 (大A19回 S46卒) が会長に、二村伸幹事 (大A28回 S55卒) と小牧規子幹事 (大A29回 S56卒) のお2人が新副会長に就任。さらに、林幹雄会員 (大A27回 S54卒) と依田純和会員 (大A41回 H5卒) が新たに幹事に加わるなどの変更がありました。塩尻前会長と篠崎由紀子前副会長には、引き続き顧問の労をお願いすることになりました。
   事務局とすれば、前回第2回定例総会に比べて、一般議事以外で手配できたのが現役学生諸君によるアラビア語スピーチのみである点が不安でしたが、杞憂に終わったようです。学生のスピーチが聞き手に感動を与えたなどと自惚れるつもりはありません。後輩たちによる懸命なパフォーマンスに真摯に耳を傾け、温かい拍手と励ましの言葉を下さった諸先輩に、ただただ感謝、感謝。アラビア語スピーチの準備をサポートした人間として、これほど嬉しく、これほど心温まるお褒めと「ねぎらい」はありませんでした。濱崎紀秀君 (アラビア語専攻4年)、光井友理さん (同3年)、濱崎杏子さん (同3年)、中嶋沙蘭さん (法学部国際公共政策学科2年)。ここにスピーカー4名の名前を記して、あらためて協力に対して感謝の意を表します。
   懇親会に入って歓談と食事の約1時間半では、「参加者の方々にフリーに何か一言」が案外好評を得て、何とか時間を持たせることができ、予定どおり午後3時、2年後の再会を約して散会しました。この日は天も味方してくれて、動くとうっすらと汗ばむ爽やかな小春日和でした。

(文責:藤井 章吾S50/1975年卒)

uid000035_20131130194135da46e78e.jpg

(アラビア語会第3回総会記念撮影 大阪第一ホテル「ランスロット」にて H23/11/23)

【幹 事】
(1) 総会選出幹事
   谷口 峰敏  (大A20回 S47/1972年卒)
   山岡 幸一  (大A24回 S51/1976年卒)
   林  幹雄   (大A27回 S54/1979年卒)
   二村 伸    (大A28回 S55/1980年卒)
   小牧 規子  (大A29回 S56/1981年卒)
   中西 俊裕  (大A32回 S59/1984年卒)
   岡崎 英樹  (大A35回 S62/1987年卒)
   田中 喜博  (大A37回 H1/1989年卒)
(2) 役職幹事 (大阪大学外国語学部在職アラビア語教員)
   高階 美行   (大A19回S46/1971年卒)
   藤井 章吾   (大A23回S50/1975年卒)
   近麗 久美子 (大A32回S59/1984年卒)
   依田 純和   (大A41回H5/1993年卒)

【運営役員】
(1) 会長 (会則第5条3項)
   高階 美行 (新)
(2) 会長指名役員 (会則第5条4項)
   副会長:二村 伸  (新)
   副会長:小牧 規子 (新)
   事務局長:藤井 章吾 (前事務局長)
   事務局長補佐:田中 喜博 (前事務局長補佐)
                        佐藤 英二 (大A38回 H2/1990年卒、新)
   会 計:岡崎 英樹 (前会計)

【顧間及び名誉会長
名誉会長:池田 修   (大A04回S31/1956年卒)
顧  問:田中 四郎   (A19回S17/1942年卒)
             水谷 博     (A21回S19/1944年卒)
             河野 利一   (大A08回S35/1960年卒)
             福原 信義   (大A14回S41/1966年卒)
             塩尻 宏     (大A15回S42/1967年卒、新)
             篠崎 由紀子 (大A17回S44/1969年卒、新)
             竹田 新     (大A18回S45/1970年卒、新)

※ お願い:

(1) このように発足した「アラビア語会」ですが、当方の連絡不行き届きのために
    「アラビア語会」の設立をご存じでない卒業生の方もいらっしゃいます。下記に掲載
    する会則等をご覧いただき、ご賛同のお方は事務局までメールでご連絡をお願い
    いたします。
(2) この「アラビア語会」ホーム・ページは当初この形でスタートしますが、皆様のご意見
    を伺いながら、会員が関係する催し物等のお知らせも掲載したいと考えています。
    情報を下記連絡先メール・アドレスにお寄せください。

※ 連絡先:

   〒562-8558 箕面市粟生間谷東8-1-1
   大阪大学外国語学部アラビア語専攻 「アラビア語会」事務局 (藤井研究室気付)
   TEL. & FAX.: 072-730-5304
  
E-mail: fshogg@lang.osaka-u.ac.jp


「アラビア語会」会則 (下線部が旧会則からの変更箇所)

(名 称)
第1条 本会はアラビア語会 (以下、本会という。) と称する。
(目 的)
第2条 本会の目的は、次のとおりとする。
   1. 会員相互間の連絡交流の促進。
   2. 懇親会等の開催。
   3. 母校および会員に関する情報の提供。
   4. その他。
(会 員)
第3条 本会の会員は、次の卒業者、修了者および母校のアラビア語元教員・現教員とする。
   1. 大阪外国語学校アラビア語部
   2. 大阪外事専門学校アラビア科
   3. 大阪外国語大学アラビア語学科、同アラビア・アフリカ語学科アラビア語 同中東地域文化専攻 (アラビア語)
   4. 大阪大学外国語学部アラビア語専攻
   5. 大阪外国語大学大学院でアラビア語を専攻した者
   6. 大阪大学大学院でアラビア語を専攻した者
(役員および職務)
第4条 本会に次の役員をおき、職務は次のとおりとする。
   会長     1名    会務を主宰し、本会を代表する。
   副会長   2名    会長を補佐し、会長に事故あるときは会長の職務を代行する。
   幹事   若干名   会長に助力し、会務を処理する。
   会計     1名    会計事務を処理する。
   事務局長 1名    本会の事務を処理する。
   2 事務局長は、会長の了承を得て、本会の事務を円滑に処理するために必要な事務局長補佐若干名を会員の
      中から指名することができる。
(役員の選出)
第5条 役員の選出は、次のとおりとする。
   1. 定例総会で出席者の過半数の同意により、幹事を選出する。
   2. 前項の幹事に加え、大阪大学外国語学部に在職するアラビア語教員は幹事に就任する。
   3. 会長は、幹事の中から互選する。
   4. 会長は、幹事の中から第4条に定める他の役員を指名する。
   このほか、会長は会員の中から必要に応じて名誉会長1名、顧間若干名を選び、助言を求めることができる。
(役員の任期)
第6条 役員の任期は、次の定例総会終了時までとする。ただし、再任を妨げない。
(幹事会)
第7条 会長は必要に応じて、幹事会を招集する。
(総 会)
第8条 定例総会は、原則として2年に1回開催し、幹事を選出し重要事項を協議する。また、必要に応じて、
           会長は臨時総会を招集することができる。
(会費・協賛金)
第9条 会費は徴収しない。ただし、総会等の運営費等はそのつど参加費として徴収する。また、本会への寄付の
          形で協賛金を会員にお願いし、本会の運営の円滑化をはかる。協賛金は、一口3千 (3,000) 円とする。
(所在地)
第10条 本会の事務局は、〒562-8558大阪府箕面市粟生間谷東8丁目1番1号
            大阪大学外国語学部アラビア語専攻研究室に置く。

付則  本会則は、平成21年10月31目から効カを有する。
付則  この改正は、平成23年10月8日から効カを有する。
付則  この改正は、平成25年11月23日から効カを有する。


投稿日時: 2013-11-30

アラビア語会第2回定例総会の報告


投稿日時: 2011-03-23

大阪外国語大学「アラビア語会」

アラビア語会設立のご報告:
大阪外国語大学には中国語の「鵬翼会」のような専攻語(語学科)単位で卒業生を組織する同窓会がありますが、かねてよりアラビア語でも同様の示唆を多数お聞きしていました。こうした折、「池田先生の叙勲受章をお祝いする会」(平成21年1月、会報『咲耶』No.20/2009、19頁参照)に出席したアラビア語卒業生により「アラビア会」(仮称)設立発起人会が組織されました。その後、有志により準備が取り進められた結果、平成21年10月31日に大阪の新阪急ホテルにて第1回総会(設立総会)が開催され、大阪外国語大学「アラビア語会」が無事発足いたしました。
各界で活躍する懐かしい同窓生が集う和やかな雰囲気の中で進められた総会では、会則案承認の後に幹事10名が選出され、その互選により塩尻 宏氏(第15回、S42)が会長に就任しました。会則に則り、塩尻会長により、副会長に篠崎由紀子氏(第17回、S44)を含む会計や事務局長等の運営役員が指名されました。また、先輩同窓生のうち若干名を顧問に委嘱し、特に母校元学長の池田 修先生に名誉会長をお願いすることとなりました。
総会案内状送付のための暫定住所録の整備(住所判明者879、不着返送169、設立賛同の返信313)、総会の運営(出席者54名)、その後のメールアドレスの確認等の作業には、多数の方々のご協力を頂きました。この場をお借りして、改めて御礼申し上げます。
(文責:「アラビア語会」事務局長 高階美行、大A19/S46)

 

写真説明「アラビア語会」設立総会記念写真
(H21.10.31:池田名誉会長は所用で途中退席)


お願い:
(1)このように発足した「アラビア語会」ですが、当方の連絡不行き届きのために「アラビア語会」の設立をご存じでない卒業生の方もいらっしゃいます。下記に掲載する会則等をご覧いただき、ご賛同のお方は事務局までメールでご連絡をお願いいたします。

(2)この「アラビア語会」ホームページは当初この形でスタートしますが、皆様のご意見を伺いながら、会員が関係する催し物等のお知らせも掲載したいと考えています。情報を連絡先メールアドレスにてお寄せください。


連絡先:
〒562-8558 箕面市粟生間谷東8-1-1 大阪大学外国語学部アラビア語専攻
「アラビア語会」事務局(高階研究室気付)
    電話/FAX: 072-730-5302
    メールアドレス: takasina@world-lang.osaka-u.ac.jp


アラビア語会会則:

(名称)
第1条 本会はアラビア語会(以下、本会という。)と称する。
(目的)
第2条 本会の目的は、次のとおりとする。
1.会員相互間の連絡交流の促進。
2.懇親会等の開催。
3.母校および会員に関する情報の提供。
4.その他。
(会員)
第3条 本会の会員は、次の卒業者、修了者および母校のアラビア語元教員、現教員とする。
1.大阪外国語学校アラビア語部
2.大阪外事専門学校アラビア科
3.大阪外国語大学アラビア語学科、同アラビア・アフリカ語学科アラビア語専攻、同中東地域文化専攻(アラビア語)
4.大阪大学外国語学部アラビア語専攻
5.大阪外国語大学大学院でアラビア語を専攻した者
6.大阪大学大学院でアラビア語を専攻した者
(役員および職務)
第4条 本会に次の役員をおき、職務は次のとおりとする。
1.会長   1名  会務を主宰し、本会を代表する。
2.副会長  1名  会長を補佐し、会長に事故あるときは会長の職務を代行する。
3.幹事   若干名 会長に助力し、会務を処理する。
4.会計   1名  会計事務を処理する。
5.事務局長 1名  本会の事務を処理する。
(役員の選出)
第5条 役員の選出は、次のとおりとする。
1.定例総会で出席者の過半数の同意により、幹事を選出する。
2.会長は、幹事の中から互選する。
3.会長は、幹事の中から第4条に定める役員を指名する。
このほか、会長は会員の中から必要に応じて名誉会長1名、顧問若干名を選び、助言を求めることができる。
(役員の任期)
第6条 役員の任期は、次の定例総会終了時までとする。ただし、再任を妨げない。
(幹事会)
第7条 会長は必要に応じて、幹事会を招集する。
(総会)
第8条 定例総会は、原則として2年に1回開催し、幹事を選出し重要事項を協議する。また、必要に応じて、会長は臨時総会を招集することができる。
(会費・協賛金)
第9条 会費は徴収しない。ただし、総会等の運営費等はそのつど参加費として徴収する。また、本会への寄付の形で協賛金を会員にお願いし、本会の運営の円滑化をはかる。協賛金は、一口3000円とする。
(所在地)
第10条 本会の事務局は、〒562-8558 大阪府箕面市粟生間谷東8丁目1番1号 大阪大学外国語学部アラビア語専攻研究室に置く。

付則  本会則は、平成21年10月31日から効力を有する。


幹事・役員等名簿:
○「アラビア語会」幹事会名簿(会則第5条1項による。第1回総会で選出。)

(卒業年次順)
塩尻 宏 (大A15回 S42/1967年卒 発起人会会長)
篠崎 由紀子(大A17回 S44/1969年卒 発起人会副会長)
竹田 新 (大A18回 S45/1970年卒 大学教員)
高階 美行(大A19回 S46/1971年卒 大学教員)
谷口 峰敏(大A20回 S47/1972年卒 産経厚生文化事業団事務局長)
山岡 幸一(大A24回 S51/1976年卒 日本アラビア書道協会事務局長)
小牧 規子(大A29回 S56/1981年卒 読売大阪編集委員)
中西 俊裕(大A32回 S59/1984年卒 日経編集委員)
内藤 浩二(大A32回 S59/1984年卒 外務省)
田中 喜博(大A37回 H1/1989年卒 Asuka Asset エグゼクティブディレクター)

以上10名

○「アラビア語会」役員等名簿(第1回総会で会長が指名。)
1.会則第4条による指名 (卒業年次順)
副会長(1名)      篠崎 由紀子(大A17、発起人会副会長)
会計(1名)      竹田 新 (大A18、大学教員)
事務局長(1名)      高階 美行(大A19、大学教員)
幹事(若干名)6名   谷口 峰敏(大A20)
山岡 幸一(大A24)
小牧 規子(大A29)
中西 俊裕(大A32)
内藤 浩二(大A32)
田中 喜博(大A37)

2.会則第5条後段による指名
名誉会長(1名)  池田 修(大A04回 S31/1956年卒 大阪外大元学長)

顧問(若干名)5名  伴 康哉(A22回 S21/1946年卒 アラビア語元教員)
              田中 四郎(A19回 S17/1942年卒 アラビア語元教員)
             [池田 修](アラビア語元教員)※
             福原 信義(大A14回 S41/1966年卒 アラビア語元教員)
 水谷 博(A21回 S19/1944年卒 パック・ミズタニ(株)取締役会長)
             河野 利一(大A08回 S35/1960年卒 河野(株)代表取締役社長)

        ※ 池田修先生は元教員でもあられるが、特に名誉会長をお願いする。






ログイン
【登録済みの方】
ユーザ名:

パスワード:


・パスワードを忘れた方

【会員登録がお済みでない方】
新規登録
サイト内検索
会報 『 咲耶 』
外語マガジン sakuya
広告